生産者紹介

但馬、養父

兵庫県養父に位置する氷ノ山は国定公園および但馬山岳県立自然公園です。鉢伏山(標高1221m)の東に面する関宮。西村農園は標高600m~700mの東鉢伏高原にあります。

園主の西村勉さんは自然栽培歴35年、炭素循環の考え方で「土」を育て不耕起で「土」の環境を整え、但馬の自然の営みを大切にする農家です。

朝来市

兵庫県には、丹波市の丹波茶、三田市の母子茶、そして但馬 朝来市の朝来みどりが歴史ある日本茶の産地として知られています。

標高300~340メートルの朝来市さのう高原は準高原地で「朝来茶」は育ちます。

朝来でお茶の後継者が不足しているということだから、そこに行くよう勧められました。平成11年9月に八代茶生産グループを訪ねましたが、行ってみると後継者では困っていないということでどうしようかと考えていたら、グループの方から「せっかく来たので、お茶をやらないか」というお誘いをいただいて始めることになり、平成12年3月にグループに入れてもらいました。

お茶作りの思い 

子供ができて父親になると、今まで以上に安心安全なお茶を作ろうという思いが強くなりました。 お茶は農薬を使ってないので、茶の木が蜜にギャーとなってくると湿気が出てくるので、木が高くなると低く刈ったり、裾を刈ったりして、通気性をよくして虫がつかない環境を心がけています。薬を使っていないと害虫の天敵となるクモ、カマキリ、テントウムシが死なないので害虫をやっつけてくれます。

お茶にも、自分にも、子供にもいい作り方というのがあると思います。そんないいお茶をお客さんにも飲んでほしいと思っています。

創業1997年
豊岡市城崎町

城崎にはおいしい食材がたくさんあること。 そして水が素晴らしいことです。

兵庫県北部はもともと地酒の産地として有名です。 それは水がいいから。 その水を使って、かにをはじめ豊富な魚介類 そして但馬牛、新鮮な野菜など地元の食材に合う地ビールを造りたい そういう思いで地ビールを始めました。

ドイツでは麦芽100%のビールだけがビールと認められています。 副原料の入ってないビールがやはり本当のビール。

ピルスナー、スタウト、ヴァイツェン、カニビールのラインナップ 下面発酵ビール、上面発酵ビールのヨーロッパ・ドイツ系ビール

創業1997年
豊岡市出石町

いずし浪漫に絶対的な自信があります。

美味しい空気と澄んだ水、上質な麦芽、自信を持って造る職人のプライド、旨いビールに欠かせない全ての条件が揃っているからです。

出石伝統的建造物の一つでもある近代洋風建築。ちりめん工場を改装した、 開放的な天窓が特徴的なレストランの中に醸造所があります。

アルト、ケルッシュ、黒豆ヨーデル、ブルーベリービールのラインナップ 上面発酵ビールのヨーロッパ・ドイツ系ビール

創業1690年
朝来市

代表銘柄「但馬」を醸す、此の友酒造。

兵庫県内産の酒米を、手作りで三百年醸造し続ける醸造元です。 また、五穀米焼酎「天のひぼこ」リキュール「天のひぼこ・ゆず酒」の たじま唯一の蒸留酒の製造も手掛けています。

杜氏の勝原誠さんも若手の但馬杜氏として、「全国新酒鑑評会」2014年 2015年2016年の3年連続の金賞は意味は大きい。

創業1702年
朝来市山東町

銘柄「竹泉」の由来は 円山川上流の竹の川と先祖の地である『和泉』に由来。

決して派手な酒ではないですが、 「一粒の米にも無限の力あり」の信念を心に お米一粒一粒の旨みをしっかり引き出して「竹泉」は造られてきました。

昨今の添加物ばかりの食卓事情を憂い、安心・安全はもちろんの事。 「日々の生活の様々な場面で、飲み続けられるお酒」を これからも当蔵一同で醸して参ります。

創業1725年
美方郡香美町香住

「但馬の誇りたれ」

一味違う酒を目指し、 昭和42年より「山廃仕込」にこだわり普通酒にも採用し 平成11酒造年度よりさらに「生酛造り」も復活させました。

さらに平成23酒造年度より全ての仕込みで「山廃」又は「生酛」に 原料米は全て酒造好適米(山田錦、五百万石、兵庫北錦)を使用 常に高品質な酒造りを目指しています。

北に日本海、東に矢田川、南に氷ノ山に囲まれる香住区 香住鶴社長と宅見杜氏以下7名の蔵人達で醸造しています。

創業1897年
養父市

「自分達は日本人で、日本に住んでいるというのがアイデンティティ。 お米で造る酒っていうのはすごく価値のあるものだと思います。 それを伝えたいといのがすごくあります。」

酒米農家、寺田正文さん(豊岡市出石町)の酒米「五百万石」 は、澄んだ出石の水と、肥沃な但馬の土壌ではぐくまれた、 ここでしか採れない味わい豊かな酒米。 自然農法への造詣も深く、本物の酒造りを支えています。

北に蘇武岳、西に扇野山、南に氷ノ山に囲まれる関宮 酒造りは超軟水で仕込まれた酒、米にこだわり、手作り米麹、手作業で作られています。

オーガニックファームJAS有機栽培認定農家
豊岡市出石

小麦、大麦、蕎麦を主体にハウスと露地で四季を通してほうれんそう、ちんげん菜等の軟弱野菜やトマト、ピーマン、なす等の夏野菜、だいこん、にんじん、聖護院蕪などの根菜に至るまで20種類以上の野菜を栽培しています。当初から有機栽培に取り組んで十数年になり、微生物の豊富な「土づくり」を志し、持続可能な農業を営んでいます。

三世代に渡って受け継ぐ伝統の味は先代から受け継いだ技術とミツバチのへの愛情は変わりません。
豊岡市

但馬地方を代表する1,000m級の高山には良質なはちみつの採れる栃の木が沢山あり、5月中旬~6月中旬、栃の花の咲く時期だけに採取した兵庫県但馬産純粋はちみつです。栃蜜になりますが但馬は自然豊かで色々な蜜源植物があり、他の花蜜も入る事がありますので栃蜜とは断言せずに但馬のはちみつとしています。採取場所は神鍋、鉢伏、氷ノ山、妙見山、扇ノ山などの高山13か所に巣箱を設置し採蜜しています。神鍋山の採蜜時期にはガンピーさんのブルーベリー農園の少し上に置いていますので、また遊びに来て下さい。味の特徴はずっしりとした重厚な味で、ご年配の方に昔食べたハチミツと同じ味がするとよく言われます。また、豊岡で作られているイチゴハウスに花粉交配用みつばちを貸し出し美味しいイチゴ作りにも役立っています。